木々の中の視界も
だんだん明るくなり

道も少しだけ険しくなり
Img_39a0f8f42847ecba8e5d0063f55da3d5
Img_0fb4d845644aefa5d6fb8eec6fbe7014
Img_c6a0cdea99e4704e2f3945b38853e8cb
photo by meg
金時山(1213m)登頂!

金時山と言えば何と言っても
頂上からの富士山の展望

まだ雪の残る頂上が美しい!

頂上には人もいっぱい
Img_a626a25557c423ab891322ebfa5b93ef
photo by meg
Img_9ab01d5e99ae965acd6cc45eea2427aa
Img_b1a7593c4bbda7700f6b5d022b1ea9a4
そして金時山といえば

金時娘で有名な金時茶屋のきのこ汁

とにかくなめこが・・・
びっくりするほど巨大です

金時山に登頂した人の
登頂回数記録がたくさん残っています

奥のほうの木札
2900回・・・?

ちなみにこの金時茶屋
いろいろすごいのですが

豆知識として・・・
Img_2f3679bf9652a427bef637be7b27b421
photo by meg
Img_24eb4b5212019776b4803b7831ff879b
Img_977e029ef7fb500b56a57f3b52c9e38e
金時娘さんのお父さんにあたる方は
新田次郎の著書「強力伝」
(北アルプス・白馬岳山頂へ50貫(約190kg)
もの巨石を背負って運ぶ話)
の主人公である小宮正作の
モデルとなった人物であります
Img_667064327c98bb2bcdb79351a3ccac0c
そして
次に有名なのは坂田金時こと
金太郎!

頂上で威張ってました

【つづく】
Img_e1a1916882abb57fbf71635d1244bf0c
Img_a42fa296ce2609176af023bfe9e0381d

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする