Img_4ad5e7eccc9a9dddf492d40f83d0f465
Img_24f8dec3d0f54a1a500ad17136efe5f2
今日ニュースでやっていた

王滝村の人たちの
御嶽山への思い

王滝村は御嶽山へ登る人や
冬場のスキー客を迎える
観光業で成り立っている

その観光業が噴火の影響で
大きなダメージを受けていた

昨日
再開が危ぶまれていた
スキー場がオープンした

ニュースでは
村の人たち 特に子供たちが
複雑な思いを抱えていることを
伝えていた

昔から
御嶽山を「御山」と呼び
親しんできた人々

その御山が牙をむいた
たくさんの人が命を失った

村が復興へ歩んでいくことを
素直に喜んでよいのかどうか
今までのように
御山を大事に思って良いのだろうか

子供たちのその問いかけに
大人たちが答えていた

「御山を守り 御山に守られ
私たちは生きてきた」

山が悪いのではない
誰かが悪いのではない

私たちは
自然の中で生きているのだから

もちろん
大事な家族を亡くされた方たちの
やりきれない思いはきっと
私たちには想像できないほどの
辛いものだと思う

御嶽山だけじゃない
日本にはたくさんの火山がある

たとえ山登りをしていなくても
本当に身近な温泉や観光地や
私の住む町から見えるあの山でも
世界遺産の富士山でも
いつどこで噴火に遭遇するか
わからない

大事なのは
これからどうしたら
今回のような悲しいことが
起きないようにするかを
考えること

私も今回のことで
たくさんのことを考え
たくさんのことを学んだ

「御山が教えてくれたことを
私たちは忘れない」

村の人たちの決意は
また私に大きなものを与えてくれた



今回のことで御嶽山は私たちにとって
本当に特別な山となりました
何度も何度も迷ったけど
あえて久しぶりに書く山日記を
ここからまた再開させようと思います
たぶんその時は
この時と全く同じ景色は見られないと思うけど

いつかまた果たせなかった頂上池めぐりが
できるようになる日を願って

ふりかえりアップ
山日記【御嶽山】
 (Click!) 

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする